このページではスイーツにまつわる歴史や、
ネーミングの軌跡、知って得するスイーツ雑学など、
スイーツに関する豆知識を掲載しています。

豆知識

豆知識アイコン シュークリーム

皆様おなじみのシュークリーム。実はフランス語の「シュー」と、英語の「クリーム」が組み合わされた和製語なんです。
フランスで「シュー」は、キャベツの意味で、その形が似ていることから名づけられました。フランス語で正式には「シュー・ア・ラ・クレーム」、英語では「クリームパフ」と呼ばれています。

シュークリーム

豆知識アイコン スイスロール

薄く焼いたスポンジケーキの片面に、ジャムやバタークリームなどを塗り、巻き上げたケーキで、ヨーロッパで広く食べられています。
もともとはスイスで作られたので「スイスロール」と名付けられました。日本ではロールケーキの名でも親しまれています。

スイスロール

豆知識アイコン タルト

タルトとはフランスを代表するお菓子のひとつで、ビスケット生地やパイ生地で器を作り、中に果物やクリーム、ジャムなどをつめたお菓子のことです。
フランスでは、それぞれの地方の特産のフルーツを詰めたり、あるいは家庭の味が代々受け継がれたりと、郷土色や歴史を感じさせる、とても身近なお菓子と言えます。

タルト

豆知識アイコン ティラミス

ティラミスはイタリア語で直訳すると、「私を見上げて」という意味になります。わかりやすく訳すと、「私の気分を盛り上げて」といったところでしょう。
食べただけで気分を高めてくれるスイーツ。ティラミスはとても魅力的なスイーツですね。

ティラミス

豆知識アイコン プディング

ご存知のように、プリンというのは日本の呼び名で、発祥地のイギリスではプディングと呼ばれています。
明治5年に出された「西洋料理通」という本で初めて「ポッディング」という名前で紹介されたプディングは、その後「プッジング」「プデン」など様々に表記されましたが、最終的に言いやすく、親しみやすい「プリン」に統一されたようです。

プディング

ページの先頭へ