協会概要

京都府洋菓子協会の会員が
コンテストで受賞した作品を紹介します。
 

京都府洋菓子協会について

コンテスト作品紹介

西日本洋菓子コンテスト - 2013年(第54回) -

西日本洋菓子コンテストは、昭和33年より開催されている若手技術者の登竜門として伝統と歴史ある大会です。
競技は、持ち込みの部と、会場のキッチンで制限時間内に製作する実技の部で競われます。
毎年、京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・岡山県、2府5県の洋菓子協会で共同開催され、大会会場は、兵庫・大阪・京都を巡回しております。

2013年(第54回) 於:京都調理師専門学校

当日製作実技は、

第1部 Aクラス (経験年数8年以上) 作品点数10点
Bクラス (経験年数4年以上8年未満) 作品点数20点
Cクラス (経験年数4年未満) 作品点数33点

持ち込みの部では、

第2部 味と技のピエスモンテ 作品点数16点
第3部 チョコレート工芸菓子 作品点数14点
第4部 小型工芸菓子 作品点数11点
第5部 マジパン細工 作品点数57点
第6部 ディスプレイ 作品点数6点

それぞれの部門で腕を競い合い、審査が行われました。京都府洋菓子協会から入賞を果たされた作品を紹介します。

第1部 Bクラス 優秀賞

株式会社 バイカル
高市 清次さん

第2部 味と技のピエスモンテ 優良賞

京都製菓技術専門学校
桶田 剛将さん

この作品は「梅雨」をテーマに作成致しました。
作品に動きを出す為に、雨の雫や水たまりの波紋を飴で表現しました。
作品は紫陽花を中心に蛙、蝶、カタツムリを作り、色彩は黄色、緑色の単調な色ですが、深みが出るように通常より多目の色粉を加えています。
ガトーについては、チョコレートのスポンジにチョコレートムース、センターにはブリュレを挟み食べやすい味に仕上げました。
このような賞を頂き大変喜びを感じております。そして何より作品を作成するにあたって支えて頂きました職員の皆様には本当に感謝しております。また、最後になりましたが、コンテストにご協力いただきました京都洋菓子協会の皆様方に感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございました。

第3部 チョコレート工芸菓子 優秀賞

洋菓子マウンテン×CHELLAR DE CHOCOLAT
村田 友希さん

第6部 ディスプレイ 優秀賞

パティスリー グラースセゾン
出石 陵磨さん

2009年(第50回)~の入賞作品をご覧いただけます。
2013年(第54回)の入賞作品
2012年(第53回)の入賞作品
2011年(第52回)の入賞作品
2010年(第51回)の入賞作品
2009年(第50回)の入賞作品

ページの先頭へ